上原美優さん大好きパーク 173841

誹謗、中傷、荒らし、喧嘩は禁止です。その時は、ファンの皆様に沿って削除させていただきます。はじめての方は、はじめましてのスレにお願いします。


上原美優さん「ズバリ本音で美女トーク」最後のインタビュー記事(投稿不可でお願いします)

1:古畑警部補 :

2012/03/24 (Sat) 21:15:57

週刊大衆2011年5月23日号「ズバリ本音で美女トーク」上原美優さん最後のインタビューです。
記者・・・ちょっぴりリバウンド中なんですって?
美優・・・「1カ月1万円生活」をやると、規則正しい生活になるから、栄養はちゃんと摂っていても体重が落ちてくるんですよ。
記者・・・どれぐらい落ちちゃったんですか?
美優・・・3~4キロ。でも、その前に食べ物ロケが重なっていたから、2キロくらい増えていたんです。ちょっと戻って、いまがちょうどいいくらいです。
記者・・・今日のバストの谷間の様子を見ると、そう思います。
美優・・・アハハ、ありがとうございます。
記者・・・「1万円生活」は、今回が2度目の挑戦だったんですよね。
美優・・・はい。前回は、オードリーの春日(俊彰)さんとの対戦で、あとちょっとのところで負けちゃって。しかも、残高の最高記録を打ち立てられて、スゴく悔しい思いをしたんです。
記者・・・あの方は、普段から倹約家というか、ケチで有名ですからねえ。
美優・・・尊敬しちゃいますよ。春日さんを見ていると、お父さんを思い出すんです。
記者・・・苦しい生活のなか、いろんな工夫をしながら、上原さんたち10人兄弟を育て上げてくれたお父さんですね。
美優・・・そうなんですよ。でも、1カ月頑張って負けるという悔しさは、本当にハンパじゃなかったので、今回、対戦相手はユージさんに変わったんですけど、私が春日さんの記録をさらに更新して、新しい伝説を作ってやろうと思って挑みましたね。
記者・・・ほかの番組の仕事がある場合は、どうしたの?
美優・・・いつも完全に守っていましたよ。だって、中途半端にやって勝っても嬉しくないし、達成感も味わえないないじゃないですか。
記者・・・エライですね~。
美優・・・私だけじゃなくて、ほかの皆さんも、ちゃんとそうしていますよ。でも、結構、楽しいもんですよ。タイムセールで有名なスーパーに行って、おばちゃんたちと8円のホールトマトの取り合いをしたり(笑)
記者・・・8円って、また安いですね。
美優・・・ちゃんと調べて買い物に行けば、こんなに安くすませることもできるんだっていう発見もいっぱいありましたね。あと、あって当たり前だと思うようになって電気や水道のありがたさを、また思い出すことができたのもよかったです。
記者・・・そうか、種子島のご実家にいたときは……。
美優・・・水道代ってものを知らなかったし、夜はお父さんが作ったロウソクに火をともして、みんなで戦争の話を聞きながら過ごしていましたから。
記者・・・えぇ~~~!
美優・・・でも、最近、そんなことを忘れかけていたなあと、気がつかされましたね。
記者・・・じゃあ、途中で心が折れそうになったりすることもなかったですか?
美優・・・モチベーションが落ちちゃたときはありました。1回目の中間発表の時点で、大差をつけて勝っていたから、余裕だなと思っちゃって。
記者・・・あらら。
美優・・・でも、2回目の中間発表で、差が数百円のところまで迫られていて、そこからもう一度、気合いを入れなおしました。
記者・・・結果はどうだったんですか?
美優・・・勝てたうえに、前回の春日さんの記録を塗り替えて、新しい伝説を作ることができました。
記者・・・おめでとうございます!
美優・・・ありがとうございます(笑)。今回ももちろん節約はしましたけど、工夫して快適な生活ができたと思います。
記者・・・終わってすぐ、何を食べましたか?
美優・・・食べたというより、飲みましたね。
記者・・・お酒ですね。
美優・・・大好きなんですけど、1万円の中からお酒を買っちゃうと、とても勝負にならないので、その1カ月は禁酒していたんですよ。
記者・・・久々のお酒はいかがでしたか?
美優・・・本当は、私、かなり強いんですけど、そのときはスゴく効いちゃいました。途中から、ウーロン茶にしましたもん。そんなこと、初めてですよ。
記者・・・アハハハ。
美優・・・ほぼ毎日、飲んでいますからね。翌日のお仕事がお休みだったり、スタートが遅いときには、お友達と飲みに行くし、翌朝が早いときには、自宅で寝酒みたいな感じで。
記者・・・自宅では、何を飲むんですか?
美優・・・最初は、ビールのロング缶。そのあとは、芋焼酎の緑茶割りを3杯くらいかな。最近は、ファンの方も私の芋焼酎好きを知ってくださって、事務所に送ってくださるんですよ。それを美味しくいただいています。
記者・・・寝酒にしては、なかなかの量ですよね(笑)。
美優・・・そうですか?でも、大家族だったから、夜一人だと寂しくて、ついお酒に逃げちゃうんですよ。
記者・・・悪い酔い方とかしてないですか?
美優・・・正直、していると思います。
記者・・・どうなっちゃうんですか?
美優・・・最近、お友達との女子会が多いんです。みんな、私のことを妹みたいに思ってくれるお姉さんたちなんですけど、そういう人に、いいたいことをなんでもいうようになっちゃうんですよ。
記者・・・どんなふうに?
美優・・・私としては、意地悪じゃなくて、その人のためを思っていっているんですよ。その髪型、似合ってないよとか。
記者・・・結構厳しいですね~。

美優・・・そうやって、いいたいことをいってスッキリしたあとは、お尻を振ってK-POPのKARAの歌を歌って盛り上がっちゃうっていうのが、最近のパターンです。本当に、イイ人たちに支えらているなって思います。
記者・・・支えてくれる男性はいるんですか?
美優・・・はあ~……。
記者・・・そのリアクションからすると……。
美優・・・……充実はしていないです。早く結婚したいから、そういうと重いっていわれちゃう。ずっとそんなパターンですね。
記者・・・いつまでに結婚したいっていう、目標はあるんですか?
美優・・・25歳までにって、ずっと思っているんですよ。5月2日に24歳になっちゃって、あと1年しかないので、気ばかり焦っています。
記者・・・出会いは、あります?
美優・・・ないですね~。番組でいろんな方と共演させていただくんですが、これがなかなか……。
記者・・・好みのタイプは?
美優・・・いままで、顔で選んでしまうことが多くて、あんまりいい思いをしていないんですよね。
記者・・・じゃあ、顔から入るわけだ。あと条件は?
美優・・・子供がたくさん欲しいから性欲が強い人っていうことも、ずっといい続けているんですけど。
記者・・・じゃあ、性欲が強そうな顔を選んでいるっていうことですか?
美優・・・そういうことでもないんですけどね(笑)
記者・・・子供は何人くらい欲しいの?
美優・・・うちが10人兄弟だったから、10人は欲しいと思っていたんですけど、最近は、人数にこだわらず、授かったら授かっただけで十分かなって思うようになってきていますね。
記者・・・じゃあ、15人授かることもあるかもしれませんけど。
美優・・・いいですね~。いいお母ちゃんになりたいです。
記者・・・どんなお母ちゃんを目指しましょうか?
美優・・・やっぱり、亡くなった、自分のお母ちゃんが理想ですね。
記者・・・どんな人だったんですか?
美優・・・兄弟の誕生日には、七つ道具を持って山に入って、野生の鶏を仕留めて、お祝いのケーキ代わりに、鶏鍋にしてくれたんですよ。
記者・・・や、野生の鶏!?
美優・・・それがいつも超うれしくて(笑)。
記者・・・そんな、強くて優しい母を目指したいと。
美優・・・そうですね。
記者・・・お仕事の目標は、何かありますか?
美優・・・機会があれば、歌をやってみたいですね。この記事を読んでいただいているレコード会社の方、いらっしゃったらぜひお願いします!あと、とにかく毎日、一生懸命に、周りの皆と笑って過ごせる日を、1日ずつ重ねていきたいです。
            終わり

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.